本文へスキップ

バンコクの夜遊び情報サイト。ゴーゴーバー、タニヤ、MP、ホテル情報まで!

スペシャルオファー満載のホテル予約!
最安値保障!宿泊レビュー満載です!
パタヤのホテル   バンコクホテル 

カサノバ
トップページ >> パッポン・ゴーゴーバー >> ピンクパンサー

ピンクパンサー パッポンPatpong The Pink Panter

パッポン 2 ゴーゴーバー

ピンクパンサー ゴーゴーバー

バンコク、パッポンのゴーゴーバー「ピンクパンサー」の店舗紹介です。

パッポン2をスリウォン通りから入ってすぐ左手に位置している。ここは「ピンクパンサー」23:00から店内で、ムエタイのリアルファイトが行われることでも有名である。

そのため、店内にはメインのダンスステージはなく、テーブルにポールが付いたものを採用している。時間になると、中央に小さなムエタイリングが現れる。

ダンスの上手なコヨーテも多く、無駄にコーラ攻撃はしてこないのも、この店の良いところかもしれない。

日本人にも人気の優良店である。


The Pink Panter ピンクパンサー ゴーゴーバーの口コミレポート

[パッキャオさん 2016/09/16]

「The Pink Panter」場所:The Pink Panter, パッポン 日時:2016年6月7日

パッポンをよく知らなくて、うろうろするうちに雨が降ってきて、雨宿りしたところがピンクパンサーの入り口。窓から見える踊っている女の子たちをみてるうちに、お店に入りたくなりました。ちなみにこのサイトを見るまでは、結構人気店だとは、知らなかったです。入って座らされた椅子の前では、かなりかわいいお姉ちゃんがガンガンに踊ってずっと見つめて、ニコニコしてきます。ジッと見つめたら、向こうもケツをフリフリでその気のようでしたが、反対側に先客がいるようで、結局無理だと合図されました。のちに、先客は僕のお姉ちゃん攻撃に愛想をすかしたのか、退散し、お姉ちゃんは僕の隣へ。値段は2500バーツ。お店には高いと思ったけど800バーツ払いました。近くの部屋が湿気くさいホテルも500バーツと高め。でも、お姉ちゃんはノリノリで、生でしゃぶってくれるし、そのまま僕の息子をアソコにぐりぐりしていたら、中にゴムなしで入ってしまい、そのままやってしまいました。その時の快楽で、何も考えず、後になって不安になってしまった今日この頃。ちゃんとゴムつけたほうがいいですね。二ヶ月後に検査行ってきます、、、。

[管理人 2016/09/05]

営業と同時に連れ出し「ピンクパンサー」バンコクのゴーゴーバー

2016年6月から7月の情報です。生ムエタイでも人気のパッポンのゴーゴーバー「ピンクパンサー」へ平日の20時ごろに訪問した。

20時からの営業なのだが、19時45分頃に到着して、少し待っていろとスタート前の店内でコーラ140Bを飲んで待つ。 久しぶりの開店前のゴーゴーバーは少し新鮮に感じる。

慌しく用意するスタッフやダンサーを眺めながら、用意が終わって待機中のダンサーなどを少し話をしたり、当然であるが通常の営業時間に無い雰囲気も良いものである。 20時になると2人のダンサーがステージに上がった。するとスタッフが小走りでひとりのダンサーを呼びに来て、ステージに上がるとほぼ同時にペーバーされて行った。

常連客のようで、表で上が着替えるのを待っているようである。 10分ぐらいで5名のダンサーが上がり、15分後位には7名のダンサーが上がっていた。その頃には客も6名ほど入ってきていた。二回目のステージには5名のダンサーで、少し寂しい感じもしたが、2人は高レベルのダンサーであった。

この店は、ムエタイが始まる時間に訪問する人も多いので、嬢の調達であれば21時頃がベストかもしれない。ガツガツ感もないので、ゴーゴーバーに慣れていない人から、ナナやソイカを知り尽くした人まで楽しめる優良店である。

[管理人 2016/05/06]

タイ全土でもトップクラス「ピンクパンサー」バンコクのゴーゴーバー

2016年2月中旬から3月初めの情報です。日本人にも超人気のパッポンのゴーゴーバー「ピンクパンサー」へ週末の22時半ごろに訪問した。

生のムエタイショーと、高レベルのコヨーテで知られている。 ステージ上には15名のダンサーで、三分の二がコヨーテである。二回目は20名程のダンサーがステージに上がり、全員がゴーゴーダンサーであった。

客は20名弱で、22時半以降どんどんと増えてくる感じだ。やはり週末はムエタイショー目当ても重なって多いようだ。 週末限定のコヨーテなども居り、顔とスタイル共にタイ全体でトップクラスの嬢も在籍している。ゴーゴーバーに飽きてきても、結構本格的に踊っているコヨーテもいるので、見ているだけでも楽しめるだろう。

やはり可愛い子は見ていて飽きない。 何度も書いているかもしれないが、この店はムエタイショー前に訪問して、ムエタイが始まるまでにオキニのダンサーを見つけて一緒に見るのが良いだろう。もしくは、タニヤ辺りでお気にを連れて観光気分で訪問するのも悪くない。

嬢と一緒に来るときは、連れて来る嬢に妥協しないことを強くお勧めする。店内のコヨーテよりも数段劣る嬢と来ると酷く公開するからだ。コーラ140Bの価値は十分にあるだろう。

[管理人 2016/02/14]

PB800、食事1,000「ピンクパンサー」バンコクのゴーゴーバー

2015年11月の情報です。パッポンの日本人に大人気のゴーゴーバー「ピンクパンサー」へ平日の21時ごろに訪問した。ムエタイのショーを追加料金無しで見られることから、短期旅行者には有名で人気のあるゴーゴーバーである。

ステージ上には9名のダンサーが踊っており、早めの時間であったが15名程の客が入って盛り上がっていた。しかも、その客の半数以上は日本人である。二回目のステージも10名程のダンサーが上がっていたが、交代の時間が長いので少しもどかしく感じる。

この時は友人と一緒に訪問したが、ゆっくりと大便も出来て日本人好みの黒髪の子に夢中になっていた。軽めではあるが、エロ接客で非常に盛り上がっていたが、一緒にホテルに帰るのはダメな嬢で、ペーバー800Bの食事やディスコだけで1,000Bと言っていた。

翌日も0時半ごろに訪問したが、溢れんばかりの人で大繁盛であった。友人は違う嬢をチョイスしてペーバー600Bのショート2,000Bで十分に満喫したようだ。遅い時間だからか、ダンサーの種類が違うのか、ペーバー600Bのショート2,000Bは非常に安く感じる。そのぶん、前日の嬢よりもレベルは落ちてしまっていたが。

ちなみに、ドリンク140Bでレディースドリンクは180Bと少しお高い設定である。

[ぷんぷいパンダさん 2016/01/28]

「パッポン散策」場所:パッポン 日時:11月12日(木)

11月12日(木) 22:30 先ずは一番近くにあったピンクパンサーを4名で訪問。 可愛い子がいたのでPB代を確認したらショート5000Bと言われた(汗) その後ディスカウントするもGogoガールは2500Bまで下がったが、コヨーテは5000Bから下がらず。 諦めて店を出ようとしたが2名は23:00からのムエタイショーを見ていくとのこと。(その後二人 ともGogoガールを持ち帰りました)

[まるちゃんさん 2016/01/06]

「ピンクパンサー」場所:ピンクパンサー 日時:2012-11-02

タイ在中に2度行きました。
23時からのムエタイショーは2度見ました
22:30に入店 シンハーだけで時間を潰す
始まったのが23:20 音は大きいグローブなのでいい音がしてましたが、見た感じ明らかにショーでした。
まぁ こんなもんですね。試合が終わればボクサーが二人で観客にチップを集めに回ります。自分の所に来る前に店を出れば、ビール代金だけでショーを見学できます。
100b位なので、渡してあげましょう。。(笑)
ここから本題ですが、まったく私には営業を仕掛けてきません。しかも2晩も居たのに・・・やる気があるのかw
此方からアクションを起こさない限り誰も来ないです。
貧乏に」見えたのか 1人で来てるからなのか?
2晩 ムエタイショーをみて チップ込で600b
隣の白人は滅茶苦茶飲み物攻撃に。。伝票の枚数が凄い
30枚はありましたよ。 私は1枚のみでした。

[管理人 2015/10/24]

パッポンの超人気店「ピンクパンサー」バンコクのゴーゴーバー

2015年8月後半から9月初めの情報です。パッポンにあるロリ系が多く居るゴーゴーバー「エレクトリックブルー」へ、週末の21時頃に訪問した。

店内で嬢と楽しめる雰囲気が好きなゴーゴーバーである。 店内に入ると、コヨーテだけのステージで14名が踊っている。日本人が好きそうな小柄で華奢な嬢が数名いる。

ハッピアワーなので、グラスビールが45Bと格安で、普通のドリンクは一本おまけで付いてくるのも嬉しいサービスである。 二回目のステージは、コヨーテが8名のゴーゴー嬢が7名であった。他の店でもそうかもしれないが、エレクトリックブルーのコヨーテとゴーゴー嬢の落差が非常に激しい。ゴーゴー嬢は正直選びようがない。

しかし、コヨーテの中には普通に可愛い子がチラホラ混ざっており、特段に可愛く見えるのである。ギャル系やモデル系のお姉さんは見かけないが、今回もロリ系の可愛い子を数名確認できたので、短期旅行者でも訪問して損はないだろう。

[管理人 2015/06/30]

コヨーテPB6,000Bオーバー「The Pink Panter ピンクパンサー」バンコクのゴーゴーバー

2015年5月の情報です。ムエタイショーが店内で見れる事で有名な「ピンクパンサー」へ、週末の21時半頃に訪問した。

ムエタイショーが始まる前ということで、多くのお客が席を陣取っていて盛り上がっている。

早い時間なので嬢をつけている人は少ないが、客席は8割以上は埋まっていた。ダンサーは一回のステージで14名ほどが踊っている。週末と言うことで、週末限定の人気コヨーテなども出勤していて、非常にレベルが高かった。 知人と訪問したのだが、この時ひとり気に入ったダンサーがいてペーバーすることになった。

その嬢はゴーゴーダンサーだったので、PB600Bのショート2,500Bでロングは用事があるので出来ないといっていた。 知人の話では、コヨーテダンサーになるとPB代が6,800Bするそうだ。連れ出し目的で働いているのではないから仕方がないが、なんちゃってコヨーテが蔓延るようになってからは、聞かなくなってきた金額帯で驚いてしまった。

週末限定の出勤コヨーテのレベルが高いので、週末にこの地域に来たら訪問して損はないだろう。ノリも良くて無茶なドリンク攻撃も少ない優良店と言える。

[管理人 2015/04/12]

ムエタイは早めに席を確保「The Pink Panter ピンクパンサー」パッポンのゴーゴーバー

2015年2月のパッポンのゴーゴーバー「ピンクパンサー」の情報です。ムエタイショーで有名な「ピンクパンサー」に23時前に訪問してみた。

訪問した時間が、ムエタイショーの定刻になっているが、今から準備のようで店内は非常に慌しかった。

ダンサーは目視で30名弱で、客も溢れている。座る席も入り口側の、ステージつきの丸テーブル程度しか空いていない。ダンサーレベル的には、トップクラスは見かけなかったが、相変わらず全体的には高レベルをキープしていた。 この時は店全体が、ムエタイの準備でピリピリしているので、ウエイトレスやママなども結構キツメの口調になっていた。

ムエタイショーを見たいのであれば、22時ごろから訪問して、早めに席を確保している方がよいだろう。特に数名で来る場合は、直前ではゆっくり席を確保するのは難しい。 私もそうであるが、何度も来ている人などは、ムエタイショーが始まるときには店を出ていた。

特別料金無しに、コヨーテと一緒にムエタイ観賞出来るので、初めてタイ旅行に来た友人のアテンドなどにも利用価値がある店である。

[バンカピさん 2015/02/17]

「ムエタイショーは一見の価値あり」場所:ピンクパンサー 日時:2014年12月

こちらは、2014年12月の情報です。

23時から始まるムエタイショーが見たくて、23時少し前に入店しました。
店内では、すでにリング作りが始められていました。

ショーのためのリングはかなり狭い感じでした。でもそこで行われたショーは
かなり本気モードのように感じました。

ムエタイショーは、2組が登場しました。最初は両方ともタイ人だったようです。
そして2組目に登場したムエタイボクサーの一方は日本人でした。

けっこう真剣なムエタイの対戦を目の前で見るだけでも、ここのお店は十分
行く価値のあるお店だと感じました。

店内の様子は外からも伺えますし、安心して入ることのできる優良店だと
思います。

ビールは1本、130バーツくらいだったような。ここらの平均的な値段
だったように思います。

[管理人 2015/02/17]

タニヤに移籍「The Pink Panter ピンクパンサー」パッポンのゴーゴーバー

2014年11月のパッポンのコヨーテバー「ピンクパンサー」の情報です。この時は、平日の23時前頃の訪問であった。

ムエタイショーと平均レベルの高いコヨーテでパッポンでも人気のピンクパンサーである。

店内ステージ上には14名のダンサーが踊っていて、客は15名程で楽しそうに盛り上がっている。丁度ムエタイショーが始まる少し前に訪問したので、この時間から続々とお客が入店してきて活気が出てくるときであった。 日本人客も結構訪問していて、タニヤ嬢らしき女性との同伴も目に付くのはこの店ならではかもしれない。

この店の良いところは、ダンサーのスタイルが非常にいいことだろう。ダンサーレベル的にも他よりも高いのだが、飛びぬけた子の総数は限られている。 しかし、他の店のように体系が崩れた子や、太っているダンサーが極端に少ないのは、見ていて楽しいものである。

ダンサー交代で2回目は10名のダンサーがステージ上がったが、顔見知りの人気嬢が見当たらなかった。 そこで連絡を取ってみると、何とタニヤに移籍していた。理由としては踊るのが大変だからと言っていたが、タニヤであれば気軽に顔を出せなくなるので非常に残念である。しかし、日本人に特段好かれる雰囲気だったので、そちらの方が稼げるのだろう。

[まっくんさん 2014/11/25]

「ピンクパンサー」場所:ピンクパンサー 日時:2014/10/15

今回タイに来るのが初めてで、2日目の夜です。
前日はゴーゴーバーやカラオケバーを体験しましたが、連れ出しはしませんでした。
ネットを観て気になったピンクパンサーに23時前に入店。店内を覗くと非常に込み合ってました。そんな中入り口すぐ横のテーブルが空いていました。嬢が1人座っていてココおいでという感じだったので座ってみました。
ドリンクを1杯おごりダンスを見ていて気に入った子がいたので聞いてみると、既に呼ばれているとの事。とりあえず嬢を膝の上に乗せてムエタイを観たかったので、嬢の友達の分も含めてまたおごる。で、膝の上OK?と聞くと乗ってきてくれた。また胸も触れました。
日本のアイドルに似た感じ(名前は忘れました)で好みでしたがコミュニケーションがいまいちでしたので連れ出しはしませんでしたが、かなりノリがよく、大満足でした。
今日最終の夜ですが、もう一度行ってもいいかな?っと思わせてくれました。

P.S.客層は日本人は少なかったです。また何人かと話しましたが、日本語が多少分かる子はあまりいないみたいです。選んでも良いかなっと思える子は何人かいました。

[管理人 214/11/08]

今やパッポンの代名詞「The Pink Panter ピンクパンサー」パッポンののゴーゴーバー

2014年8月後半から9月前半の情報です。現在のパッポンでは知名度は一番かもしれない。その理由は、ムエタイショーやコヨーテもあるだろうが、客に対する営業方針にあるように感じる。 パッポンでは実際のボッタくりもあるのだが、それ以上に「ぼったくられた」気分にさせられる店が非常に多い。

一見の観光客が多いので、その辺りが影響しているのだろうが、後につなげる営業方針とは思えない店が多々ある。 その点ピンクパンサーでは、ゆっくりと飲むことも出来るし、店内で騒ぐことも出来るのが良いところだろう。今回も何度か訪問したが、盆明けと言うことで日本人は少なかったが、ダンサーレベルも平均以上で安定している。

しかし、この店に訪問するなら、遅い時間をお勧めする。ムエタイショーがある影響からか、他の店よりもピーク時間が遅く感じるからだ。23時からのショーに合わせて、22時半ごろから徐々に客が増えてくる。 22時頃までは、客が数人なので広く開放感ある店内が、逆に寂しく感じてしまう。

しかし、ムエタイ前から、ムエタイが終わってからが一番盛り上がっている。この時間からなら、短期旅行者でも十分に騒いで楽しむことが出来るだろう。 ただし、遅い時間になると、人気嬢は連れ出された後の可能性が上がるので注意してくれ。

[管理人 2014/09/10]

生でムエタイを見る「The Pink Panter ピンクパンサー」パッポンのゴーゴーバー

2014年5月の情報である。5月20日に戒厳令が発令されたが、この時は発令前のため、通常通りの夜遊びが出来ていた。

今回はムエタイを見るべくして23時前にピンクパンサーに入店した。店内には思った以上にお客は少なく、少し寂しく感じてしまう。

毎回思うが、店内は広いこともあり、満員御礼にはなりにくいだろうが、もう少し客が入っても良さそうなものである。 しかし23時が近づくに連れて、ムエタイ目的のお客が徐々に入って来た。タニヤ系のお姉さんを連れている方も、何人か見かける。23時になる頃に、ダンスが終わり店内にムエタイリングを設置していく。

そして23時を大きく回った頃から、ムエタイがはじまった。入場料も取らずに、自分のドリンク代だけで観戦できるのは、非常にコスパは高いと思う。本式のリングではなく、特設の小さなリングであるが、目線も同じで見やすくてよい。 まだ見たことのない人は、一度くらいは見に来て損はないだろう。

出来ることなら、オキニと一緒に来るか、それまでにダンサーを見つけておくことをお勧めする。ムエタイがはじまると、ダンサーは移動しないので、それまでに横にいないと楽しさ半減である。 一般的なゴーゴーバーと違い、コヨーテバー系の店なので日本人には受け入れにくいかもしれないが、コヨーテのレベルなど総合的にもお勧めできる店である。

欲を言えば、もう少し客入りがよければ、店内の雰囲気がもっと良くなるのだが。

[マムアンさん 2014/08/26]

「口コミ」場所:パッポンピンクパンサー 日時:2014年7月某日

パッポンで双璧をなすピンクパンサー
ダンサーは相変わらす選べるレベル
コヨーテは最近年齢層が高めか、
そんな中、インちゃんビューちゃんとか
スターもいる。

パッポンでは外せない店ですね。

[管理人 2014/05/01]
2014年の2月、バンコクのパッポンのゴーゴーバー「The Pink Panter ピンクパンサー」の状況である。

デモの影響で全体的に通常よりも、ダンサーや客数ともに少なかった。 ムエタイのリアルファイトなどでも人気のピンクパンサーに何度か0時ごろに訪れた。

総合的に考えたら、パッポンで一番のゴーゴーバーと言えるのではないだろうか。今回はムエタイの時間をあえて外しての訪問である。

10人位のダンサーが交代制で、各自のポールで踊っているのだが、基本的にはコヨーテファッションでホットパンツを履いている。普通に見ている分には、ゴーゴーダンサーとコヨーテの違いが非常に分かりにくいので、スタッフに尋ねるのが一番早いだろう。 確かゴーゴーガールのペーバーは一般的な金額で、レベルの高い子も数人いた。

コヨーテに関しては、週末だけ来る子がいるようで、平日と週末のレベルが大きく変わっていた。 個人的な意見であるが、この店のトップレベルのコヨーテは、バンコクでもトップクラスだろう。高級コヨーテを除いてだが。短期旅行者はムエタイが始まる23時ごろから訪れるのも良いだろう。パッポンでお勧めのゴーゴーバーである。

[管理人 2013/12/28]
2013年10月末から11月初めのバンコク、パッポンのゴーゴーバー「The Pink Panter ピンクパンサー」の状況です。

平日の22時頃の訪問であった。コヨーテが8カ所くらいの各ポールで踊っている。見たところ2交代制で20名程度だろうか。ある程度以上のレベルを確保しているのは、さすがはピンクパンサーといえる。

しかし、日本人にも人気で有名店なのだが、今年は満員御礼状態に遭遇したことがない。

23時からのムエタイショーはあえて外しているからかもしれないが、それでも今回も客は5組だけであった。しかも今回は全て日本人である。

毎回ダンサーの中には、3、4人レベルの高い子を見かけるが、日本人率が高いためか早い時間からPBされて行くのをよく見かける。今回もおっっと思うレベルの子を、日本人が連れ出しえ行っていた。ゴーゴーガールと違いブンブンはお互いの合意が必要なので、食事やディスコだけの人が多いようだ。

私のように、店内で飲むだけでも適度に絡んできて、ドリンク攻撃もきつくないので落ち着いて飲むことができるのが良い。ソイカウボーイのスパイス系列とは大違いである 笑。今回もムエタイが始まる前に店を出たが、短期旅行者はムエタイを見るのもおすすめである。コスパは高いと感じる。

[グランデさん 2013/09/19]
the pink panther patpon
2013/7/25

バッポンで恐らく1番お客さんが入っていると思います。
一度は11時から始まるムエタイショーを見ることをお勧めします。
リングは小さいですが、目の前で観戦できるので迫力満点です(たまに汗が飛んでくることも…)

女の子もノリが良く、お勧めはムエタイショーが始まる前に女の子をひざの上に座らせておくことです。
片手にビアシン、片手におっぱいで見るムエタイショー♪
日本では絶対体験できないので最高でした。

No35がゴング片手にムエタイショーを仕切っているので、ひざの上か隣に座らせておくと面白いかも。
あと、今年はコヨーテのかわいい子が入店していました。ペイバーは出来ませんがセクハラが
楽しかったです。

[管理人 2013/09/04]
2013年7月のバンコク、パッポンのゴーゴーバー「The Pink Panter ピンクパンサー」の状況です。

21時ごろの入店であったが、店内にはダンサー8人程度が、各ポールで踊っている。客入りは平日のためか、3組程度と少し寂しさが感じられる。

踊っているダンサーレベルは、中の下といった所だろう。日本人に人気のゴーゴーバーと違い、ダンスは結構ちゃんと踊っていて、ドリンク攻撃も必要以上にはないので、落ち着いてまったりと飲むことが出来る。

入店して、少したつとダンサー交代で、一斉にダンサーが入れ替わる。前回と同じように、10人近くが各ポールで踊るのだが、このグループのダンサーレベルの高さに驚かされた。 個人的にだが6人選べるレベルで、その半分はトップレベルの容姿である。

前回のダンサーレベルから、一気に二階級特進といった感じであった!しかも、PB目的のゴーゴーバーと違い、しっかりと踊るので見ていてとても楽しい。 あらためて、コヨーテと遊ぶならソイカウボーイよりも、パッポン2の方がよいと感じさせられた。

ソイカで、このレベルの店であれば、ドリンク攻撃がきつく楽しむことが出来ない。それに楽しんだとしても、数千バーツは一瞬でいってしまうからだ。

[管理人 2013/06/25]
2013年の4月のバンコクのソイカウボーイのゴーゴーバー「ピンクパンサー」の状況であるが、ソンクラーン期間ということもありバンコクも全体的に客、ゴーゴーガール共に少ない状態であった。

20時台に「ピンうパンサー」行くと、店内は客は誰もいなくてダンサーが3人だけの状態なので22時頃に再入店した。

ダンサーは2グループで合計20人くらい、ダンサーのレベルはそこそこだ。 ダンサーは皆元気よくダンスを踊っていて雰囲気もいい。

しかし、ゴーゴーガールとコヨーテの区別が付くにくい 笑。客入りは時期が悪いのか、私以外には3組程度しか居なかった。 日本人好みの子は2人発見したが、すでに他の日本人客がついていた。

ムエタイのリアルファイトが始まる位まで子一時間いたが、ダンサー達のドリンク攻撃も適度に程よい感じで、とても居心地がよく滞在できた。 何人かが強引に来るでもなく、適度に絡んできてくれる。

最近良い話を聞く「ピンクパンサー」だが、ダンサーレベル以上に店内の雰囲気の良さが際立っていた。

[マネーさん 2013/05/27]
12〜18日までのパタヤ4泊バンコク2泊の学生時代の同級生との2人旅の滞在記です。

17日 ピンクパンサー
21時近くに入店もダンサー少なく1杯で退散・

[マネーさん 2013/03/12]
早い時間からタニヤ系の姉さん達と日本人のカップル多数。
ダンサーもレベル高し。

読者口コミ情報募集中
情報提供は⇒こちらから

パッポン近辺 JF無料おススメホテル

グリッツ ホテル

立地条件や価格共に最高のホテル。しかし部屋数が少ないのが辛い所だ。決まったら早めの予約を!

バンダラ スイート シーロム

タニヤへパッポンにと夜遊びにも最適のホテル。室内もとても綺麗で女の子受けも良いホテルだ!!

アンバー ブティック ホテル シーロム

室内とても綺麗な新しいホテル!これから人気が出るだろう。一度使えば他を探す必要がなくなる?

バリーズスタジオスィートシーロム

タニヤやパッポンまで、徒歩で3分程度と夜遊びに最高の立地。公共機関でゴーゴーエリアもすぐ行ける。

I レジデンス ホテル シーロム

タニヤへパッポンにと夜遊びにも最適のホテル。駅前なので夜遊び以外も楽々移動が可能。

リド ミレニアム シーロム

サラディーン駅やシーロム駅から近いので、夜遊びに観光にビジネスに快適に移動することが出来ます。


ゴーゴーバー


スタッフ写真

タイ夜遊び完全マップ

日ごろから投稿して頂いている方々に、感謝の気持ちをこめた、ゴーゴーネット制作委員会が全力で作成しました。
詳細は⇒こちら


ツイッター始めました。速報系情報なども先にアップするのでフォローお願いします。
ゴーゴーバー

パタヤJF無料ホテル


バンコク 夜遊び

バンコク 夜遊び